• サービス案内
  • 料金プラン
  • お知らせ
  • 開催情報
  • お客様の声
  • 幹事マニュアル
  • Q&A
  • ログイン
トップ > news

お知らせ

2008年07月09日

日経産業新聞7月8日号で弊社が紹介されました。

我が社の価格戦略

同窓会幹事代行伸びる

同窓会の幹事代行をしている。内容は名簿作りや会場の手配、案内状の発送、出席者の確認から受付、司会など。 料金は飲食費や会場代を含めて参加者一人当たり8,000円から10,000円。受付や司会をしない場合は7,000円になる。サービスのパターン応じて価格を組み立てている。
仕事を始めるきっかけとなったのは自分が40歳の時の同窓会。高校卒業後22年たって開いた同窓会で幹事をした。音信不通の人間を探したり各種の手配をしたりで骨が折れたが、参加者に大変喜ばれた。同時にこれは代行ビジネスとして成り立つと感じた。同窓会を開催した2002年8月の3ヵ月後には大阪市で会社を立ち上げた。
傾向集め料金体系に反映
同窓会の幹事代行の仕事が軌道に乗るまでは時間が掛かった。最初は知り合いなどに同窓会を開いてもらった。回数を重ね、同窓会全般の傾向やデータを集めた。徐々に同窓会の基本パターンが分かってきた。
「同窓会があったら行きたい」と答える人は約7割いる。だが当日来るのは2-3割しかいないことも分かった。こうした各種データをもとに幹事代行サービスの料金体系を組み立て、採算が合うようになった。
利用件数は年400件程度。前年比2-3割ペースで増えている。ほとんどが高校や中学の同窓会で、30歳代から50歳代が中心だ。還暦記念の同窓会や20歳同窓会のプランを提案して、年齢層を広げようとしている。20歳向けプランは会費を一人当たり5,500円に設定した。
卒業名簿をもとに案内状を発送しても、先方に到着するのはせいぜい3,4割。案内状が戻ってきた残りの6,7割を探し出す作業が必要だ。つてをたどったりして、最終的に卒業生の7割程度が判明する。同窓会の会場や日時、参加者を記載した「同窓会ホームページ」も作り、住所が分からない人の判明に役立てる。
第3者が悪用しないよう、情報管理には気を配っている。住所録は同窓会が終わったら幹事に返すか破棄する。同窓会のホームページにアクセスできるのは対象者だけ。住所など名前以外の重要情報はホームページには流さない。
同窓会は損得勘定抜きの集まり。日ごろ経験しているパーティーや会合と違い、誰にも気がねなく時間を過ごすことができる。参加者が心から喜んでいることが分かり、感謝されることも多い。こちらもやっていて楽しい。(談)
同窓会ネット社長伊丹正人氏
[いたみ・まさひと=80年(昭和55年)大阪府立高津高卒。空調関係会社や不動産会社を経て02年同窓会ネット(大阪市)を設立、現職に。46歳。]

2008年07月08日

新規開業白書-地域経済に貢献する新規開業-2008年版で弊社が紹介されました。

お知らせ最新記事

お知らせアーカイブ

スポンサーリンク
  • ホテルグランヴィア大阪
  • おもいで.com
  • 一般社団法人 全国同窓会幹事代行業協会【認定優良企業】
  • あの日、あの時、煌く青春時代にタイム・スリップ!その時 いつも「歌」があった…。「ときめき!同窓会シリーズ
  • ぽけかる倶楽部
  • MY BOOK
  • 温泉で同窓会
  • トリップスインターナショナル-シンガポール発 旅行代理店
  • 広島での同窓会開催は、広島グランドインテリジェントホテルへ