• サービス案内
  • 料金プラン
  • お知らせ
  • 開催情報
  • お客様の声
  • 幹事マニュアル
  • Q&A
  • ログイン
トップ > news

お知らせ

2006年12月22日

NHK総合テレビ『新トーキョー人の選択』で弊社が紹介されました。

2006年12月20日

夕刊フジに弊社が紹介されました。

出欠確認、会の進行・・・面倒な役割お任せ

この年末年始、故郷で旧友と再会する人も多いだろうが、「もっと盛大に同窓会を開こう!」なんて盛り上がったら、このサイトを活用したい。同窓会の幹事を代行する「同窓会ネット」(http://www.dousoukainet.co.jp/、電話0120-100-378)だ。

同窓会ネット

「同窓会は楽しい場ですが、できれば幹事はしたくないもの。出欠の確認や会場費の支払い、会の進行などは大変です。私も幹事の経験があるのですが、まさにそうでした。」と語るのは、同窓会ネット社代表取締役、伊丹正人氏。同社は、こういった煩わしい役割を一手に引き受けるという。「まず、お預かりした卒業名簿をもとに、案内状の発送や出欠の確認、住所不明者の転移先情報の収集、参加者名簿の作成を当社で行います」
当日の会場の予約はもちろん、2次会の手配もしてくれる。なかでもユニークなのは、ウェブを利用して同窓会を事前から盛り上げてくれることだ。「専用のホームページを開催前に開設します。参加者一人ひとりにIDとパスワードを配布しますので、部外者は入れず、セキュリティーは万全です。ここでは、当日の出欠状況がわかるほか、掲示板も用意しますので、そこで近況報告するなど、『プレ同窓会』が楽しめます。(伊丹氏)
同窓会当日は、受付や司会進行、写真撮影を同窓会ネットのスタッフが担当。希望すれば記念誌やスピーチなどを録画したDVDを作成してくれる(有料)。
もっともうれしいのは、同窓会終了後もホームページが使えるということ。当日の写真もアップされるサービス付きで、その後も情報交換の場として活用できる。価格は、会場費込みの「同窓会パック オールインワン」=画面写真=というサービスのスタンダードプランが1人あたり 8000-9000円、会場をグレードアップするハイグレードプランが同一万円から。当日の進行は幹事に任せるエコノミープランは同6000-7000円となっている。
また同社では、同窓会の事務局を支援するアプリケーション「事務局くん」も販売している。これはウェブ上に同窓会専用のSNSのような場を作り、同窓生たちがコミュニケーションを図れるようにするツール。会費の徴収機能などもある。
「最近は個人情報の保護の観点から、卒業アルバムに名簿を載せないことが多くなったようですが、それではせっかくの学生時代のつながりが消えてしまいます。このサービスでは、部外者はもちろんサイトに入れませんし、住所やメールアドレスなどの個人情報の公開範囲は各人が指定できます。趣味のコミュニティーを通じて、他の年代の同窓生とコミュニケーションを取るなど、いろいろな使い方ができます」と伊丹氏は語っている
(大正谷成晴)

2006年12月17日

読売ウィークリー12月24日号に弊社が紹介されました。

お役立ち「代行サービス」

年の瀬をゆったり過ごすお役立ち「代行サービス」
師走。と書いただけでせわしなくなる。でも、「代行サービス」に頼んでしまえば、身も心もゆったり過ごせる。
大掃除、買い物、料理からペットの世話まで。
酒好きのドライバーは、「運転代行」を。
年末年始に役立つ、最新「代行情勢」を取材した。

同窓会幹事代行業

出欠確認や案内状の送付など、何かと手間のかかる同窓会の幹事かかわる一切を代行。
名簿を渡せば、それぞれに連絡を取ってくれるばかりか、同窓会専用のホームページを立ち上げ、日程を告知、そこで転移先不明者の情報提供を募ってもくれる。
終了後は会の模様をホームページ上でリポートする。
幹事代行サービスの一環で制作されたホームページは、同窓生の交流の場として、その後も利用できる。
年末年始は利用者が殺到するので予約は早めに。
同窓会のほかにも、忘年会や新年会のサポートも行っている
同窓会パック お一人様7000円~

同窓会ネット
http://www.dousoukainet.co.jp/
0120-100-378
全国

2006年12月15日

日経流通新聞にて弊社が紹介されました。

宴会幹事役 丸請け

忘年会や新年会シーズンを迎え、「幹事さん」は大忙しだ。とりわけ団塊の世代が定年退職を迎え始める2007年を控え、昔の仲間で旧交を温めようという人たちの間で同窓会ブームもさらに盛り上がりそう。そこで、お店選びや出欠確認など、幹事業務の代行サービスが広がっている。店側との交渉も引き受け、通常より割安な料金を提供するケースもある。人の集まりに商気アリ――当世「幹事さん」事情を探った。

都内に勤める徳田啓一さん(24、仮名)は入社3年目。「幹事は若手の仕事」とばかりにおはちが回ってくる。忙しい業務の合間をぬって、上司や接待先の好みにあった店を探すのは難しいが、徳田さんには強い味方がいる。「幹事支援サービス」を提供するアットパーティー(東京・千代田、三浦和道社長)だ。
電話やメールで希望する店の雰囲気や予算などを伝えると、オペレーターが条件にあった店舗を紹介してくれる。代行サービスの利用は無料。同社は都内中心に約1500ある提携飲食店に送客することで、店舗から仲介料を得る仕組み。提携店と特別プランを組んでおり、通常よりむしろ割安となることもある。
提携店は100席以上あるか、貸し切りにできるところがほとんど。オペレーターを介さず、サイト上で利用者が自分で店舗を探せるようにもし、利便性を高めた。地域、予算、人数などを入力すると条件にあった会場を絞り込める。宴会目的の利用がしやすいよう、飲み放題プランやマイクなど音響設備の有無も条件に指定できるようにした。
徳田さんはすでに5~6回、アットパーティーを利用している。宴会代金総額(税抜き)のうち3%が還元されるポイントサービスも魅力だ。「仕事上の用事だけでなく、プライベートの集まりにも利用している。以前ほど幹事が重荷にはならなくなった。この年末も社内の忘年会で利用しようと考えている。

連絡作業が煩雑な同窓会も代行業者を使えば効率的に

人が集まりやすい年末年始は、同窓会の開催も多い。大阪市の同窓会ネット(伊丹正人社長)は案内状の発送や出欠確認、会場の確保などを代行する。同窓会の参加者だけが見られるサイトで、連絡先不明者のリストを開示し個人的につながりがある参加候補者を募る仕組みで、参加率も上げる。
2年に一度、小学校時代の同窓会を開催している愛知県豊田市の女性(60)は、今年初めて同社サービスを利用した。「同窓会は連絡先が変わっていたり、不明になっていることが多く作業が煩雑。効率的にやりたい」と考えた。専用サイトを通じ、事前に参加者を確認出来る点や参加者同士やり取りできる点が周囲に好評だったという。
伊丹社長は「パソコンを使いこなすシニア層が増え、手続きの複雑さに開催を断念していた人たちの需要が盛り上がっている」と話す。団塊の世代の大量退職も控え、今後利用は増える見込み。同社は今年300件弱だった受注件数が、来年は400件へと増える見通しだ。
結婚式の二次会も、幹事支援の活躍の場。東京都西東京市の佐々野茂さん(33)は、12月初旬に会った友人の結婚式の二次会幹事だった。依頼を受けたのは約2ヶ月前。幹事は初めての経験で、「決めることが多いのに打ち合わせの時間が取れず、途方に暮れていた」。
ネットで段取りの仕方を調べていた時に知ったのが、二次会幹事代行のサービスのメイション(名古屋市、近藤浩社長)だ。会場の選定や案内状の発送のほか、二次会当日の司会進行を請け負う。
結婚式の二次会参加者には顔見知り以外も多く、全体としては盛り上がりにくい場合がある。メイション派事務所に所属するタレントや、自社で教育した司会を二次会に派遣。参加者全体が楽しめるように、場を見ながら軽妙なトークで場を盛り上げる。当日、景品の当たるゲームなどで鮮やかに会場を盛り上げる司会を見て、佐々野さんは「依頼してよかった」と旨をなで下ろした。
メイションによると、二次会幹事が当日までに新郎新婦と打ち合わせする回数は7~8回。結婚式二次会の幹事は従来、新郎新婦が親しい友人に頼むケースが多いが、晴れの日の演出を任される幹事の責任は重たい。親しい友人に重荷を背負わせたくないカップルや、仕事で忙しい“頼まれ幹事”からの依頼が多い。
「貸し切り専門をうたうことで、宴会会場を捜す幹事さんの目にとまりやすくなっている」と話すのは、KAORUエンタープライズ(東京・江戸川)の松橋ひとみ社長。今年4月、東京・門前仲町の居酒屋「どっとこむ」を貸し切り専門店にし、同スタイルの店舗として「和風隠れ家 纒(まとい)」を新たに開いた。あえて「幹事が探しやすく」を意識した売込みで、12月の予約はすでに満杯という。
外部に頼んで、しかも幹事の名を上げる。サービスを巧みに利用してイベント幹事をスマートに勤め上げてはいかがか。

増える参入、問われる個人情報管理

インターネットを使った幹事代行サービスは参入障壁が低く、事業者が増えている。特に同窓会は団塊世代向けなどに需要増が見込まれ、西鉄旅行(福岡市)や日本旅行北海道(札幌市)など旅行会社が手掛けるケースも出てきた。
同窓会の幹事代行では、主催者が卒業アルバムなど名簿を作り、それを業者に預けて案内状を郵送してもらうのが一般的な流れ。出欠を集約し、人数確認や店の予約を代行する。住所や電話番号などの変更点を更新したり、合意の上で電子メールアドレスを調べて名簿化するサービスもある。「一度名簿を作ると次回の開催が楽になるため、定期的な開催を促しやすい」(同窓会ネット)という。
個人情報保護法の観点から、事業者は名簿の扱いに関して細心の注意を払う。同窓会ネットは名簿の預かり証を発行し、同窓会サービスのみに用いるという契約を利用者と結ぶ。名簿は金庫に保管し、利用者の希望に応じてデータ入力を終えた時点か、会の終了後すぐに返却する。連絡先に変更があった参加者には、名簿に新たな連絡先を記載していいか確認をとる。
会の一ヶ月後には社内に残るデータも消去する。

2006年12月12日

関西テレビ放送「スーパーニュース アンカー」の特集コーナー(「特報アンカー」)で弊社が紹介されました。

お知らせ最新記事

お知らせアーカイブ

スポンサーリンク
  • ホテルグランヴィア大阪
  • おもいで.com
  • 一般社団法人 全国同窓会幹事代行業協会【認定優良企業】
  • あの日、あの時、煌く青春時代にタイム・スリップ!その時 いつも「歌」があった…。「ときめき!同窓会シリーズ
  • ぽけかる倶楽部
  • MY BOOK
  • 温泉で同窓会
  • トリップスインターナショナル-シンガポール発 旅行代理店
  • 広島での同窓会開催は、広島グランドインテリジェントホテルへ