• サービス案内
  • 料金プラン
  • お知らせ
  • 開催情報
  • お客様の声
  • 幹事マニュアル
  • Q&A
  • ログイン
トップ > news

お知らせ

2005年11月26日

朝日新聞 be on Saturdayに掲載されました。

名簿作りから会場手配まで幹事を代行
団塊の同窓会をねらえ

懐かしい友人や初恋の人と再会できる同窓会は、開催前からどきどきする。それに利害がからまない人間関係は得難いもの。でも、幹事は大仕事。そこで名簿作りから会場手配まで一斉を請け負う会社が登場し、旅行会社も参入してきた。ねらいは、お金も時間も比較的余裕ができる団塊の世代だ。
(吉野園子)

同窓会へ行こう

白い壁一面にジョン・レノンの写真が飾られ、ビートルズの曲が流れる。さいたま市のジョン・レノン・ミュージアムのカフェは、ビートルズ世代と重なる団塊の世代をメーンターゲットに、同窓会プランを03年秋から始め、これまで11組約630人が利用した。1人5千円と7千円の2コースがあり、貸切で80人まで。ジョンの遺品などを展示するミュージアムで思い出に浸り、ジョンが滞在した軽井沢の万平ホテルから通う料理人の味を楽しむ。
昨年に続き今年も高校や大学時代、学習院に学んだ埼玉県在住在勤者の同窓会を開いた、さいたま市の料理店専務金子剛さん(54)は「ビートルズは、日本が成長期だったよき時代の象徴。70代の人も出席しましたが、世代を超えて郷愁を感じられた。」と話す。
大阪市の不動産業、伊丹正人さん(43)は02年、卒業以来の高校の同窓会幹事になった。一番の問題は卒業生の連絡先をつかむ事だったが、520人中150人の参加者を集める事ができ、出席者から感謝された。「商売になるんやないか」と思い、同期会の3ヵ月後に幹事代行会社「同窓会ネット」をおこした。
名簿作りからホームページ(HP)作成、会場手配、当日の司会進行など一切を請け負う。参加者の負担は会場日や食費も含めて一人8千円から。会社の収入はHPに載せる広告料会場から払われる動員報酬で賄う。03年に22件だったが、今年は210件を受注した。
団塊の世代に向け、4月から還暦同窓会代行も初め、全員に赤いちゃんちゃんこと帽子を貸し出す。伊丹社長は、「ええ大人が子供に戻って、あほなこと言うて。同窓会は社会の人間関係に疲れた人にも心地よい場なんです」と話す。
東京都小平市の会社員吉野伸子さん(48)は、高校の同期会を今年の年頭におもいつき、3月に「同窓会ネット」に幹事業務を依頼した。8月、6クラス240人中97人を集めた。「内金もなく、ドタキャンがあっても自腹を切らなくていいという安心感があった」と振り返る。
長崎市のシステム開発受託会社社長だった小久保徳子さん(47)は、高校の同窓会の手伝いを頼まれた96年にウェブ同窓会「この指とまれ!(愛称ゆびとま)」を思いついた。各学校の卒業年度別に実名で登録し、会社が管理する私書箱を通してメール交換できる。社名を00年「ゆびとま」に改称。全国6万1千校、79万同期会、324万7千人が登録し、1日千人の新規参加者があるという。
「ゆびとま」の登録は無料だが、サイト内の広告収入と企業や大学向けのシステム開発が収入源だ。今春から同窓会の幹事の代行も始めた。基本サービスは案内状発送数×480円。この冬からは旅行会社と手を組み、同窓会旅行の主催も始める。温泉地や観光地の旅館の関心が高く、誘致したいという要望が多いという。
横浜市で印刷会社「サン・プリンティング・システム」を経営する三谷研一さん(59)はやはり同窓会幹事の経験から「顔と名前が一致するものを残したい」と、今年8月、同窓会などイベント専用の写真制作を始めた。集合写真とスナップ写真だけでなく、出席者一人ひとりの写真にクラスと名前を入れたアルバムを作る。20部以上から引き受け、一冊A5判8ページ525円から。週10件以上の注文があり、同窓会欠席者からの追加申し込みもあるという。

旅行会社も続々参入

団体を組織したり、ホテルを手配したりするのは旅行会社の得意分野だ。
JTB佐賀支店に昨春支店長として赴任した宮津哲朗さん(48)は、佐賀県では各高校の同窓会組織がしっかりしていることに気づき、旅行需要の喚起になると考えた。そこで昨年6月、団塊世代に向け、同窓会の会場や旅行の手配をする「同窓会デスク」を新設した。会場手配や出欠管理、旅行手配などを請け負う。「従来と同じような業務内容なので、新たなシステムを作る必要は無かった。他の支店でも実は同窓会の手配をしていると思うが、デスクがあれば営業しやすい」と話す。月2~3件の受注だが、同窓会で知り合った同士が別に旅行する副産物も生まれているという。
福岡市の西鉄旅行も今年9月、同じ市内にある人材派遣とイベント企画の会社エントリーサービスプロモーションと提携し、幹事代行の「同窓会PLAZA」を始めた。客の中心を団塊の世代と想定し、学校単位だけでなく、企業OB会、還暦の集まりなども手がけたいという。来年3月末までに 100件5千人の受注、4千万円の売り上げを目指している。
大学も同窓会を支援する事で、寄付金集めや卒業生の採用など支援してもらい、経営の安定と入学者の確保につなげたいと期待している。早稲田代の校友会は、在命中の卒業生約50万人以上のうち39万人の所在をつかんでいる。48ある都道府県単位の同窓会支部総会には総長が直接、出向く。総長の出席で07年の創立125周年にむけた募金に賛同してもらえる事も多いという。
同窓会幹事の選び方、当日の服装やふるまいなどのハウツーを図解で紹介した本「同窓会へ行こう!」(第三文明社)は5月に発売し、3 万部が売れた。
著者の岡崎いずみさん(43)は、読者を30~40代の女性と想定していたが、団塊の世代の男性も多いと聞いて驚いた。「大規模できちんとした形のパーティーをするなら代行会社を使うのも手ですが、人集めから自分たちでやったほうが楽しいと思う」

2005年11月14日

「AERA」11月14日号に掲載されました。

昔の仲間に会いたくなったら

ディベロッパーに勤める中村真二さん(42)は今年、25年ぶりに高校の同窓生と再会した。きっかけは、小説『いま、会いにゆきます』だった。
さいたま市にある県立与野高校出身。同級生に作家の市川拓司氏がいた。仲間の活躍を祝いたい。そしてあの頃を共にした皆に再会したい。卒業以来、部活動の仲間とは定期的に会っていたが、同級生が顔を合わせる機会はほとんどなかった。
「20代と30代は子育てと仕事に追われ、過去を振り返る時間はなかった。でも40代になって仕事も落ち着き、一息つく時間ができた。そんな折、同級生からスターが生まれた。卒業して25年目の今、再会のタイミングだと思いました。」
4月、自らが幹事となり同窓会を開いた。
「今どうしている?という話しよりも、あの子が好きだったといった思い出ばかりを話しました」(中村さん)
同窓会以降付き合いが深まった仲間もできた。家族ぐるみでゴルフやテニスに出かけるようになった。一度切れたかのように思えた過去のきずなが、再び結びついた。

約400人の同級生のうち、市川氏を含む、130人が参加した。大変なのが、幹事役だ。同窓会は幹事に負うところが大きい。転移先を調べる以外に、会場選びにも手間がかかる。その手間を嫌って、開催をためらう人も多い。実は中村さんは、「同窓会ビジネス」を利用した。

幹事ビジネスの代行業ビジネス

中村さんが利用したのが、大阪市の『同窓会ネット』。この会社は案内状作りから招待状の発送、会場の確保までを請け負っている。利用者は卒業名簿の手配と会費設定まで行えば、あとはすべて会社側が手配する。料金は2時間で一人7000~1万円で3コースある。当日不参加者がいたら、その費用は同社が負担する。
「不参加者の費用を負担する必要がないし、会場選びや招待状発送の手間も省ける。幹事代行会社があったことで、同窓会を開こうと思ったんです」(中村さん)
同社の伊丹正人社長(43)は、「自分が幹事をしたとき、名簿のチェックや場所探しに苦労した。でも、逆に、それを代行すればビジネスになるとおもったんです。」と話している。不動産関係の会社を経営していたが、その傍ら02年11月に会社を設立した。
当時は知人の同窓会を代行するにとどまっていたが、04年には114校、今年は9月末時点で186校の同窓会を開いた。来年の予定も 58校入っている。東京にも事務所を開いた。学生時代の同窓会を開催する動きが40代以降、とりわけ団塊世代を含む50代を中心に広がっているため、今後のマーケットは広がりそうだ。「ただし、同窓会は土日に集中するので、同じ日にたくさんのスタッフが必要。人手と人件費が課題です」(伊丹社長)

年配の利用者が多い

バーチャル同窓会サイトの『この指とまれ!』は、96年に開設された同窓会ビジネスの先駆け。サイトに自分の学校履歴を登録すると、別の登録者の中から同窓生を探せる。手軽に旧友を探せる便利さが口コミで広がった。登録者数は年々増え、10月末時点で324万人にものぼる。「母校は誰もが必ず持っているもの。だからインターネットを介して人が結びつくビジネスを考えたときに、学校つながりなら成立すると思ったんです」代表取締役の小久保徳子さんは、設立のきっかけをこう語る。
現在の登録校は約5万8000校。登録者数は29~31歳がピークだが、ここ2~3年の間に50~60代の登録も増えてきている。
代行業だけではない、大阪市の道頓堀近くにある、『お集り処 ひさしぶり』は、同窓会専門の宴会場だ。母体は電気工事会社だが、社長が母校の同窓会の副会長で、場所探しに苦労した経験から発案したという。
『ひさしぶり』は01年にオープン。現在では年間約300件の同窓会が開かれている。利用者は50代以降が多い。「思った以上に年配の人の利用が多く、驚いています。天候が安定していて、年末ほどの忙しさがないせいか、11月の利用数が多いんですよね」(浦埜正数事業部長)
ここに、50代後半から60代までの浪速高校(大阪市)山岳部OBが2年ぶりに集っていた。「日本が一番貧しかった時代に、一緒に山に登った思い出深い仲間。昔は色々あったけど、そんなことはもう過去の話。今では“友達以上”の存在です。(参加者)
社会的に成功したものがいても、会えばすぐにお互いを呼び捨てにできる。「自分が安心して山に登れたのは、先輩が一緒だったおかげ」「あの頃は部室で、レコードじゃなくてシノシートを聴いたよな」
すでに亡くなった者の話題に及ぶこともあるが、口をついて出てくるのは、高校時代の記憶を確かめ合うような思い出話ばかりだった。

素の自分をさらけだす

都内の老舗ホテルでも、『同窓会プラン』を販売する動きが出ている。93年から同窓会プランを始めてた帝国ホテルでは、今年からメニューに岩手県のわんこそばや山梨県のほうとうなど、47都道府県の郷土料理を加えた。
年間280~300件とコンスタントに売れ続けてきたが、プランの変更を発表したところ「問い合わせ数が圧倒的に増えた」(帝国ホテル広報)と確かな手ごたえを感じている。
およそ10年前から同窓会プランを販売しているホテルオークラも今年になってパンフレットを刷新したところ、予約状況が前年より 15%もアップした。
いずれのホテルも、過去に宿泊経験がある40~50代の顧客がプランを利用するケースが圧倒的だという。その理由のひとつに、負担する金額が考えられる。
各ホテルとも一人当たりの負担金額は2時間で7000~一万円。『同窓会ネット』や『ひさしぶり』もほぼ同額だ。
一方、キリンお酒と生活文化研究所の発表によると、20代が一回の飲み会で使う予算の平均は4000円。2倍近い金額を工面できるのも、中高年ならではなのかもしれない。
博報堂エルダービジネス推進室の阪本節朗さんは、「50代頃にいなると力が抜けてくる事も、中高年を同窓会に駆り立てる理由になっている」と語る。
もはや右肩あがりの時代は終わり、40~50代で職場を早期リタイアする者もめずらしくない。50歳を過ぎると会社人生の終わりが見えてくる。そんな時、今まで築いてきた人間関係を振り返ると、浮かぶのは会社の人脈ではなく、学生時代の仲間なのだ。
「ポール・マッカートニーがつい最近、ビートルズ時代の曲を解禁したのと同様、過去にもめた相手の事も、50を迎える頃には許せるようになるものです。それと、同級生は昔を知っているだけに、肩肘を張らないで付き合えます。利害関係が絡む仕事仲間には見せられない、素の自分がさらけだせる相手なのです」(阪本さん)

ライター 朴 順梨

2005年11月07日

NHK BS1『経済最前線』で弊社が紹介されました。

お知らせ最新記事

お知らせアーカイブ

スポンサーリンク
  • ホテルグランヴィア大阪
  • おもいで.com
  • MY BOOK
  • 温泉で同窓会
  • 広島での同窓会開催は、広島グランドインテリジェントホテルへ
  • トリップスインターナショナル-シンガポール発 旅行代理店
  • あの日、あの時、煌く青春時代にタイム・スリップ!その時 いつも「歌」があった…。「ときめき!同窓会シリーズ